身体を温める時に利用

寒い時期に災害が起こる可能性があります。
しかし災害時は電気やガスが止まって、暖房器具が使えないかもしれません。
そんな時は新聞紙を使って、身体を温めてください。
新聞紙には保温性能があるの、身体に巻くだけでも温まることができます。
室内にいる時は、窓の近くから新聞紙を吊るすと良いですね。
カーテンのように使うと、外から冷たい空気が入り込むことを回避できます。
災害時に風邪などの病気になると大変なので、きちんと暖を取りましょう。

また新聞紙で、簡単な靴を作ることもできます。
慌てて、裸足で避難してきた人もいるでしょう。
しかし災害時は、ガラスの破片などがその辺に落ちていることが考えられます。
新聞紙で作った靴を履いていれば、足を守ることができます。
室内にも何が落ちているかわからないので、新聞紙の靴を履いた方が良いでしょう。
室内で、外用の靴を履くことに抵抗を感じるという人にもおすすめです。

トイレの代わりになるので、災害時は非常に助かると思います。
災害時は水が止まって、トイレが流れなくなってしまうことが多いです。
しかし用を足すのは生理現象なので、ガマンすることはできません。
新聞紙があれば、災害時でも無事に用を足せるので落ち着きますね。
お皿やコップとしても利用できるので、災害時に活用してください。
使用した後は、そのまま捨てられるので洗う必要がありません。
水が使えない時に便利な方法です。
いつ災害が来ても冷静に対処できるよう、方法を把握しましょう。

新聞紙が何になるのか

災害は、いつ起こるかわかりません。 冬に災害が起きると、寒さ対策も考えてください。 暖房器具が使えなくなっても、新聞紙があれば暖を取れます。 新聞紙を身体に巻いたり、窓に貼ってください。 窓に新聞紙を貼って、少しでも冷気が入ってこないように努力しましょう。

裸足で行動しないように注意

窓ガラスなどが割れて、周囲に散乱しているかもしれません。 そんな時に裸足で行動していると、足をケガしてしまいます。 靴を履いて行動した方が良いでしょう。 室内で靴を履くことに抵抗を感じている人は、新聞紙で作ってください。 足のサイズに合わせて作れます。

災害時でも用を足せる

どんな時でも、人間なら用を足したくなってしまいます。 災害時でもガマンしなくて良いように、トイレの作り方を覚えてください。 新聞紙や、ゴミ袋があれば作成できます。 さらに食器も新聞紙で作れるので、水が使えない状態でも安心ですね。 使い終わったらすみやかに処分しましょう。